三連単マルチで回収率500%を狙う

競馬予想ブログです。買い目は三連単一頭軸マルチが中心。

ジャパンカップ

超豪華メンバーが揃った。

現役最強馬はキタサンブラックだという意見に対して異論は無いけど、不良馬場で行われた天皇賞秋での激戦を制し、それなりに消耗したであろう状態で軽ハンデの三歳馬や別路線組をねじ伏せることが出来るかどうかには疑問を感じている。

 

昨年は京都大賞典をステップにジャパンCに挑んで圧勝した訳だけど、次走の有馬記念ではハンデ差やサトノ二騎のチームプレーもありサトノダイヤモンドの二着惜敗となった。

秋初戦にGⅠである天皇賞秋を選んだキタサンブラックにとって、今年のジャパンCは昨年の有馬記念のような位置付け。そうなってくると取りこぼしの可能性は十分あるのではなかろうか。

 

本命は人気ブログランキングへ

疲労が残っているかもしれないキタサンブラックを倒せるとしたらこの馬だろう。むしろ、万全の状態であるキタサンブラックすら凌駕する力を持っている可能性すら感じている。

全戦績を見渡しても、状態が整っていなかったレースを除けばほぼパーフェクト。負けたレースですら大きな差は付けられていないので、未だ底を見せていないとも取れる。

 

予想・印・買い目

◎:人気ブログランキングへ

◯:キタサンブラック

▲:サウンズオブアース

△:シュヴァルグラン

△:サトノクラウン

×:ヤマカツエース

×:ギニョール

 

対抗はキタサンブラック

疲労があろうがなかろうが、強いことに変わりが無い以上買わざるを得ない。

万一、馬券圏外に飛んだ場合には一気に配当が跳ね上がるわけなので、応援はしつつも4・5着ぐらいにならないか期待してしまう。

 

三番手評価には前哨戦を大敗した事で旨味が増したサウンズオブアース

以下、昨年のJC3着のシュヴァルグランと、秋天2着のサトノクラウンまでが本線。

人気薄の中では、意外なほど低評価なヤマカツエースと、海外馬の中で一番魅力を感じるギニョールまでを押さえておく。

 

三連単◎一頭軸マルチで勝負。