三連単マルチで回収率500%を狙う

競馬予想ブログです。買い目は三連単一頭軸マルチが中心。

チャンピオンズカップ 2017 予想

混戦必至のダート戦総決算。

一戦ごとに着順が入れ替っているようなメンバー構成な上、初対決となる馬も居るので地力の評価が非常に難解。

今回のメンバーで数回同じレースをすれば毎回全く違う結果になりそうな気がする。

それだけに波乱の結果にも期待出来る訳なので、慎重かつ大胆に高配当を狙いたい。

 

本命は人気ブログランキングへ

中京ダートコースでは複勝率100%でダート1800m戦での複勝率も100%である以上、本命軸はこの馬にすると決めていた。

この馬の魅力と言えばやはり大崩れしない安定感。今年は勝ち星こそ1つしか上げれていないものの、前走までの地方重賞連戦で着実にパフォーマンスを上げてきた。おそらく陣営もこのレースを最大の目標として仕上げてきたのだろう。

 

相手候補はある程度絞るつもりだけど、正直この馬からの全頭流しでも良いような気がする。それほど難解なレースだと思っている。

 

チャンピオンズCの予想・印・買い目

◎:人気ブログランキングへ

◯:テイエムジンソク

▲:ケイティブレイブ

△:アポロケンタッキー

△:ロンドンタウン

△:ミツバ

 

対抗はテイエムジンソク。

エルムSではロンドンタウンに先着を許したものの、続くみやこSでは2着以下に二馬身以上の差をつけて快勝。順調に行けば勝つのはこの馬だろう。

ただ不安要素もあり、中京コースも左回り自体も今回が初。また、鞍上・古川吉洋はGⅠ実績(経験)に乏しく、これらの要素が悪い方向に働く可能性もあると考え、対抗評価に格下げとした。

とは言え、地力の高さに関してはおそらくメンバー中トップだと思うので、最低限ヒモには加えておくべきだろう。

 

三番手評価でケイティブレイブ

この馬も崩れ知らずの一頭で、特に評価しているのが先行馬総崩れとなった平安S。前半1000m通過が59秒前半と言うマイル戦並みのハイペースの中、5着に粘り切ったのには正直恐れ入った(他の先行馬はビリから1・2・3)。その後の地方重賞では三戦連続3着内と安定して力を示しており、未だ底を見せていない可能性すら残している。

先行脚質に加え枠も良い所を引いた印象で、ロス無く立ち回れれば悲願の中央GⅠタイトル奪取も十分ありそうだ。

 

ヒモ評価には、安定感には欠けるものの日本テレビ盃でそのケイティブレイブを倒しているアポロケンタッキー、今回のメンバーで唯一テイエムジンソクに勝った経験を持つロンドンタウン、まともに走りさえすれば頭まで可能性のあるミツバまで。

 

三連単◎一頭軸マルチで勝負。